ヤシマノート

メカ技の人間が色々やっとる雑記ブログ

無謬性の原則

官僚などが打ち出した政策について、責任がある故に失敗や政策の変更を議論できないこと。

「無謬」とは「誤りのないこと」

失敗が許されない社会において、一度打ち出した事は「生きているうちは」失敗を認めないのが正攻法である。

 

政治とか法律とか…デジタル管理出来るようになればアップデートしやすくて、監視体制もシンプルにできるのに。

テクノロジーの発展が早すぎて色々追いついてないので、先ずは追いつけるようなシステムに変えるのが良いんでしょうね。

(政策や法律の悪いところがあるのを主張して変えていこうとするのは真っ当なんだけど、仕組みを変えていこうという人が誰か居るんだろうか…。)

 

失敗しても良いけどピポッドしやすい環境になったら良いなって話でした。

 

無謬性という言葉は音喜多氏の本で知りました。最近当選されてましたね。

ギャル男でもわかる政治の話

ギャル男でもわかる政治の話

  • 作者: おときた駿,4人のギャル男たち
  • 出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン
  • 発売日: 2016/06/16
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

ちなみに僕はギャル男ではないです念のため。