ヤシマノート

メカ技の人間が色々やっとる雑記ブログ

ポータブルHDDの接続切れがケーブルのせいだった【WD Elements】

外付けのポータブルHDDの接続が悪い。というか手でケーブルの端を押さえていないと認識し続けてくれない。

結構前から本体のせいだろうと勝手に決めて放置していたのだが、たまたま同種のTypeBケーブルがどこぞから出てきたので試しに使ったら普通につながった。

 

f:id:yaxiek:20190512223950j:plain

↑WD Elements。 310GBという半端な容量。今はテラ単位で売ってて草。

ケーブルの接続端子が明らかにふら付いているのが気になる。

 

f:id:yaxiek:20190512231536j:plain

↑こんなのが「micro USB Type-B SuperSpeed」っていうらしい。USBの種類ありすぎ問題。

 

f:id:yaxiek:20190512223956j:plain

↑デザインナイフという、メスに匹敵する切れ味があると思っているナイフでカット。

開けてみれば直しようがあるかと思ったが、板金で保護されていて特に触れる様子ではなかった。

 

f:id:yaxiek:20190512223958j:plain

↑ 端子が少し傾いている。

まとめ

接触が悪いときは、本体よりもケーブルの方を疑ってみる。

・負荷があった時にケーブル側が壊れるように設計するのが良い(フェイルセーフ?)

フェイルセーフ - Wikipedia

フェイルセーフ(フェールセーフ、フェイルセイフ、英語fail safe)とは、なんらかの装置・システムにおいて、誤操作・誤動作による障害が発生した場合、常に安全側に制御すること。またはそうなるような設計手法で信頼性設計のひとつ。これは装置やシステムが『必ず故障する』ということを前提にしたものである。