ヤシマノート

メカ技の人間が色々やっとる雑記ブログ

ブログの毎日更新に書き貯めが悪手な理由 〜続けるためには

時間のあるときに複数の記事を書き貯めて、高頻度更新を目論むパターンがある。メリットはあるんだろうけど、結局続かなくなってしまうであろう理由を挙げておきたい。

執筆に心理的抵抗感がでる

当たり前だが、時間のない人はまとまった時間を使って複数記事を書かなければならない。1つだけ書こうとする時と何個か書こうとする時とでは心理的抵抗が加わる。つまり書き始める気力が起きずに1日が終わってしまいがちになる。

執筆が習慣化しない

例えば週末にのみ執筆を絞った場合には、その行為が習慣になり得ない。毎日やることで得られる習慣化のメリットは、心理的抵抗の消失、つまり呼吸をするように行為の継続ができることだ。むしろ記事を上げないとムズムズしてくる。習慣は執筆に限らず重要である。

本文は毎日書く

もしブログ記事を毎日書く事を目標とするなら、1日で1つの記事を書くのが良い。無理に長文を書く必要がなければ、20分程度は誰でも確保可能だろう。一方で、新しい話題は毎日考える必要はない。

ひと工夫する

最近の僕の取り組み方を書いておきます。

まず、気になったテーマとキーワードをいつでもメモしておく。アプリでも紙でも良い。しょうもない事でも書き残しておくのが良い。そうしていると日の経つより先にテーマが早く溜まる。

ブログは朝にサッと書く。通勤中とかに。そのためにも前日の夜にテーマを決めて内容を少し考えながら寝る。睡眠中の脳に情報を整理させるためだ。

もし画像やリンクが必要なら、予め下書きに用意しておくことにしている。本文の執筆と画像などの貼り付け作業を分けておき、バッチ処理的な効率効果を発揮させる。バッチ処理とは、例えば鶴を折り紐に通す作業をする時に、先にすべての鶴を折ってから紐に通すほうが折る→通すを繰り返すより効率良く進められる、みたいなテクニックの事。

ちなみにこのソフトで画像を小さくして貼り付けてます。

まぁ偉ぶって書いたけど、まだひと月も継続して無いんですよねー。でも個人的に手応えのある続け方なのでこの調子でやっていきたいと思います。ありがとうございました。