ヤシマノート

メカ技の人間が色々やっとる雑記ブログ

3Dプリンタの詰まり解決 Qidi X-smart

Qidi 製の X-smart という3D printer をたまに使う。

久々に何か出力しようとしてフィラメントを入れたら何やら変な音を上げて受け入れてくれない。困ったねー。

これから直すので、このプリンター持ってて困ってる人の参考になればと思う。

 

考えられる原因は…

  • フィラメントに熱が伝わらず溶けない
  • 送りギヤの摩擦が減って動かない

僕の場合は前者だったようだ。

 

とりあえず分解。上の1本、下の2本のネジを外すと取れた。リボンケーブルも外す。

 

ファンと基盤を共締めしているネジ2本取ると、送りギヤ付近が垣間見える。とりあえず溝に溜まったゴミを掃除した。ダクトテープでの一掃を試みたが取れず。けがきで地道にやった。

 

【写真は後で追記。なんか消えた。】

次に筒状のフィンを止めているネジを緩めると、ノズル付近がズボッと取れる。フィラメント挿入口に古いフィラメントが詰まっているので、奥まで徹底的に掃除した。手作業ドリルで。電動でやったらダメ。

 

でたああ

 

熱を伝えたのは何故か、PLAの標準温度より高い設定にすれば通ったかもしれない。今回は挿入口のアルミ部分の最もホットなところにちゃんとフィラメントが当たるように掃除をした。

 

ともかく助かった。5回は分解組立から試し運転をした。温度の上昇下降を待つにかなり時間を取られるんですよねー。